子供を持つことをあきらめたくない方の卵子提供

様々な事情で子供ができないカップルもいます。
不妊の理由は様々ですが、ご主人の側には大きな問題がない場合に晩婚で加齢により卵巣機能が低下しているケースや、病気等による卵巣の摘出、無理なダイエットなどによって無排卵月経で妊娠が難しいなどの事情がある場合には、卵子提供を受けることで子供を持ちたいという願いが叶う場合があります。
結婚して子供を持ちたいと思うカップルが多いのはもちろんとして、女性には愛する人の遺伝子を残したいと強い願いを持つ方が少なくありません。
男性には本能的に子孫を残すというDNAが組み込まれていますが、ご主人の側が辛い不妊治療をしてまで子供は持たなくてもいいと奥さんを思いやるのに対して、奥さんの側がどうしても欲しいと願う場合もあります。
代理出産という方法もありますが、これは何らかのご事情で子宮で赤ちゃんを育てるのが難しいケースで、自分たちの受精卵を他人の女性に育ててもらう方法です。
これに対して卵子提供は、他の女性から卵子の提供を受け、ご主人の精子と受精させて、奥様の子宮で育てる方法になります。
ご病気などで卵巣や子宮に問題が生じても、子供が持てる時代です。
ご主人の遺伝子を引き継ぎ、自分のお腹の中で育てるのですから、2人のお子さんとして愛情をもってすくすくと育つことでしょう。


メニュー