白内障の費用は内容によって異なります

白内障は進行が進むにつれて、視力が低下してしまう病ですが、症状がまだ初期で日常生活に支障がないケースでは、点眼薬のみで様子を見て進行を遅らせることが可能です。
しかし点眼薬だけでは治療にはつながりません。
そこで、進行が進んでしまうと手術が必要になってきます。
手術と言うとこれまでは入院が必要な手術だったのですが、近年は日帰りで手術が可能になっており、術後の生活にも特に支障がありません。
白内障の手術には様々な方法があります。
池袋にある松原クリニックでも手術を実施されています。
もちろん手術は日帰りで可能になっているので、忙しい方でも負担なく受けることが可能になっています。
松原クリニックでは、切開白内障手術という方法を実施されており、水晶体の代わりになる眼内レンズを埋め込んでいきます。
眼内レンズにはいくつか種類があり患者さんによって切り分けて使われています。
また、松原クリニックでは、インフィニティ ビジョン システムという最新医療機器を取り入れ、手術のイメージをそのまま実現させることができ、最小限のリスクで手術を終えられるようになっています。
手術にいくらかかるかというのは、患者にとって気になるところですが、手術内容によっても費用はまちまちになっていますので、患者に合った負担のない治療方法をクリニックにお任せした上で金額をクリニックにうかがうのがベストです。
白内障|池袋 眼科 松原クリニック


メニュー