オルソケラトロジーで視力矯正をする

視力の矯正をする手法として、旧来から取られてきた対策は、メガネをすることでした。
これにコンタクトレンズを使用することが加えられ、最近ではレーシックといって、眼球に直接レーザーを当てて屈折率を調整する手法が人気になっています。
劇的に視力が回復するので、利用者が増加傾向にあります。
しかし、まだ安全性の面で確立されているかといえば、失敗例も若干あるので、より安全な視力矯正の手法を利用したいと考える方も多いのではないでしょうか。
メガネ、コンタクトレンズ、レーシックに続く第四の手法として注目を集めているのがオルソケラトロジーという手法です。
これは、オルソケラトロジーレンズという専用のレンズを利用するもので、日常利用するのではなく、睡眠中に眼球に装着して視力矯正を図ることのできるものです。
視力の低下の原因は、眼球や網膜などの変形などによる光の屈折の異常ですが、これをレンズを装着することで正常な屈折率を復活させるため、角膜をレンズでしっかりと固定するという手法が、このオルソケラトロジーというものです。
レーシックよりも安全性が高く、裸眼での視力復活が図れる手法として、今後需要が高まってくることが予想されています。http://orthokeratology.mieru-mieru.com/


メニュー