保険は同性パートナーにも優しく

日本の雰囲気も、50年前とは違い世の中が発展して行くとともにより良い社会へと変貌していきました。
これまでは良そうつかなかったことが、現代では緩和されそれは海外での出来事と思いきや、日本も幅広く視野を広げてきています。
その1つに同性のパートナーということです。
ある地域では、同性のパートナーを認めていて、それがだんだんと広がりつつあります。
そのことを踏まえて、保険業界であるライフネット生命保険も死亡保険金受取人の指定の拡大をしています。
その対象にしているのが同性のパートナーも指定しているという事です。
これまでは、死亡保険受取人は原則として指定範囲は戸籍上の配偶者か2親等内の血族としていましたが、異性の事実婚のパートナーなら条件のもとに指定でしたが、加えて同性パートナーも同居期間と条件を元に受取人としてしていすることができるようになりました。
ただし、同性パートナーの保障は不十分な所もあり、わからない所に置いては、ライフネット生命保険のホームページで分かりやすく説明をしています。
死亡保険を受け取る場合は、相続税がかかる事や注意点などが記載されています。
ライフネット生命保険は保険料が安くなるというだけでなく、様々な角度からもその分野を広げています。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1803A_Y3A111C1000000/



メニュー