親知らずは何時抜く?何処で抜く?

皆さんはもう、親知らずは抜きましたか?

奥歯のさらに奥から生えてくるこの歯は、正式名称を「第三大臼歯」と言います。
通常、普通の永久歯が10〜15歳あたりで生え揃うのに対して、親知らずは10代後半から遅い人だと20代前半に生えてくる“遅咲き”な歯です。
一説によると、まだ人間が毛皮を巻いて槍を振り回して狩りを行っていた太古の時代、木の実や生肉をかみ砕く為に、人間の顎は今よりも大きかったのだとか。
それが時代を経て料理という文化が出来た事で硬い木の実や生肉を無理してかみ砕く必要がなくなった結果、顎が小さく退化したという説があるそうです。
親知らずは、かつて人間の顎が今よりも大きかったことの名残なのかも?という事らしいです。

それはそれとして、口の奥の方に生える親知らずは綺麗に磨くのが難しいせいで歯周病の元になったり炎症を起こしやすいしで抜いてしまう人が多いですよね。
中にはまっすぐ生えているから抜かなくてもいいパターンもありますが、大概は歯茎の中に埋まってしまっていたり斜めに生えているせいで噛み合わせに悪影響を与えたりと、放っておくと大きな病気の原因になったりもするので大変。
直ぐにでも歯医者さんに抜いて貰いたい。でもどうせなら腕のいい歯医者に担当してもらいたい。

そんな時はこちらのサイトが便利ですよ。全国のお医者さんを最寄りの駅や路線から探せるので検索性も良く、実際にその病院を利用した患者さんの体験に基づいた口コミ情報が見られるのでとても参考になりますよ。

http://www.genova-marketing.jp/news/detail-673165.html


メニュー