無料相談サイトの活用はおすすめ相続、遺言のことは精通した弁護士に

みなさんの中に、相続のことで親族がとり返しのつかない争いとなってしまったという経験はありませんか?
ご自身のことではなくても、親戚友人職場などでそうした話を聞いたことがあるのではないでしょうか。
私自身について言いますと、高齢の父があるので、そろそろきちんと整理しておかなくては厄介なことになるのではという心配をしています。
こうしたことは、当人が存命中には、言いだしづらいものですよね。
まるで早くあの世に逝ってくれとか、お金だけが目当てだと思われるのではないかと二の足を踏んでしまいます。
ここは少し腹に力を入れて、遺された者がもめないようにしておくことが父の望みでもあると思うので話してみます。
頼りにしている伯父と叔母にも中に入ってもらうつもりです。
ただし、遺言の作成にはいくつかの決まりごとがあり、不備があると認められません。
正式な遺言状がなく、権利を有する親族がもめてしまうことも困りますが、手続きや調査の煩雑さは想像以上です。
やはり、精通した弁護士を探して、きちんとした公正証書を作成しておくことであらかじめ、もめ事を予防しすることになるだろうと思います。
近隣に法律事務所がなかったり、敷居の高さに迷っているのなら、匿名で無料のメール相談に応じてくれるところもあります。
みなさんも、まずはそうしたホームページを活用して、将来の不安を専門家に助言してもらってはどうでしょうか。


メニュー