サラリーマンの松本雄大が学んだ仮想通貨のレバレッジ取引の基礎

今回は私、松本雄大が仮想通貨のレバレッジ取引について基本的なことをお話させていただきます。レバレッジ取引というのは、少額の資金で数倍の資金の投資が行なえる取引方法のことです。取引所によってレバレッジ倍率が決まっており、5倍のレバレッジ取引では、担保の証拠金を取引所に預け入れることで、預けた証拠金の5倍の資金の投資が行なえます。レバレッジ取引では安いタイミングで購入して高いタイミングで売却するロングか、高いタイミングで売却して安いタイミングで買い戻すショートによって利益を獲得します。

また、最初に出す注文のことをポジションといい、次に出す注文を決済といいます。ショートのポジションでは仮想通貨を買い、ロングのポジションでは仮想通貨を売って終わります。売買の差額が損益となります。レバレッジ倍率は高いほど大きな利益を獲得できる見込みがあり、取引所によっては最高で25倍のレバレッジ倍率でレバレッジ取引が可能です。


メニュー