どのようなときに安らぎと幸せを感じるか

本郷 智祥は極めて普通のサラリーマンです。大学卒業後20年にわたって不動産会社の営業マンとして働いてきました。身を粉にするほど働くわけではなく、出世街道でも出世が早くもなく遅くもなくといった感じのサラリーマンです。

本郷 智祥が喜びを感じるのは、仕事上ではやはり大口の契約を取ることができたとき、やお客さんに感謝されたときです。毎日の楽しみとしては、2、3日に1回の頻度ですが晩御飯のお供に発泡酒を飲んだりすることです。一日の疲れを少量のお酒で癒しています。

しかしながら、毎日飲まないように注意をしています。もちろん、経済的にお金がかかるということもありますが、やはり第一は健康のためです。本郷 智祥は故郷に恒例の二人暮らしの両親を抱えており、二人とも今は元気で過ごしています。それだけでなく、これから教育費のかかる中学生と小学生の子どもがいることから、お酒を控えるようにして健康に気をつけるように、病気にならないようにしています。
http://rabbot.net/original/ジェネレーションギャップ.html


メニュー