立場によって違ってくる交通事故の慰謝料

みなさんは、どこに請求したとしても、交通事故の慰謝料は同じだと思っていませんか。
ところが、これが大きな間違いなのです。
ほんの小さな交通事故を除き、今はどのようなものでも、双方が直接交渉するようなことはありません。
加害者側が加入している保険会社の担当者と、被害者が交渉することになります。
つまり、プロと素人が交渉することになるのが普通です。
被害者も保険に加入しているから、保険会社の担当者がやってくれると思っていたとしたら、それは大きな思い違いです。
そのような特約に加入していない限り、保険会社は自分の得にならないようなことはしません。
保険会社の担当者と被害者の知識の差は明白です。
それで、不当に低い慰謝料を提示されることがあるのです。
ところが、それが不服で裁判になると、思っていた以上の金額が決定されることもあります。
つまり、それが本当に妥当な線ということなのです。
さらに、被害者が弁護士を依頼すると、裁判で判決が下りる前に、妥当な金額で折り合うこともできます。
もちろん、これは依頼した弁護士さんの力量にもよります。
交通事故の慰謝料の交渉するのなら、専門知識のある弁護士さんに任せるのが一番賢い選択だということでしょう。


メニュー