他人と共有をすることを提案する高城剛さん

高城剛さんは、ハイパーメディアクリエイターとして有名な方です。
映像作品や作家、ゲームクリエイターなど、ハイパーメディアクリエイターとして、さまざまなメディアで活躍をされています。
そんな高城剛さんは、最近は「共有」や「シェア」をキーワードにして、さまざまな提案をされています。
一昔前の日本なら、「共有」や「シェア」と言った言葉は、受け入れにくいことでした。
人が使ったものを使うのは嫌、自分の手元に残しておきたいなど、所有するという考え方が当たり前だったからです。
しかし、最近はこうした考えは少なくなってきました。
カーシェアリングで車を共有したり、シェアハウスで家を共有する人もいます。
他人とモノを共有するのは、高齢な世代な方には、受け入れにくいかもしれません。
しかし、若い世代においては、もはや当たり前の考え方になっています。
他人と共有することで、スマートな生活になるのです。
高城剛さんが「共有」や「シェア」をキーワードに提案することには、大きな意味があります。
影響力の強いクリエイターが発信することにより、共有するという考え方が日本に広がっていくからです。
数年後には、共有することは、当たり前になっていることでしょう。


メニュー