太陽光発電の総合保障サービス

日本では最近になって自然エネルギーを利用した発電機構に注目が集まりました。
特に一般家庭における太陽光発電は日本政府が主導の元、売電による収入を確保するべく法律を定めていくなどし、リードすることで導入の敷居を低くしてくれています。
特に企業型の太陽光発電システムをすると、最長20年間の売電収入を保障する制度が導入され収益力アップの為に導入する企業が多く増えてきました。
しかし、そこで課題となるのがその保守メンテナンスです。
企業が導入するのはいいものの、その点検や修理などまで視野に入らないことが多くあります。
最近の日本では異常気候が続き夏であればゲリラ豪雨が増え、冬は暖冬になり、竜巻などの災害が多く発生するようになってきました。
こうした災害に対するリスクは人間では予想がつきにくく、また防ぎようもない不可抗力です。
しかし、その不可抗力で発電システムが故障してしまうことで不利益を被る前に一手を投じることができます。
総合保障メンテナンスサービスを提供する企業もあります。
月学料金が発生しますが、それは1万円以内で済む程度の金額で、保険金を支払う体制を整えているものです。
火災や落雷などによる爆発や台風、豪雨による土砂崩れなどによる故障にも対応し、その売電収入金額を保証してくれます。
さらには定期点検も行うことで故障などのリスクを先に見つけ、かつ修理などの工賃も無料としてくれます。
遠隔監視システムも導入している為にほぼ任せっきりでも保守し続けてくれるメンテナンスサービスを検討されていは如何でしょうか?http://eyeeco.jp/



メニュー